khaos


池辺 教 - 宇宙の振る舞い「パイ中間子の多重発生」


第28回男く祭記念文集

久留米大学附設高等学校生徒会




khaos』発刊に際して47堤 裕策



I
21世紀はデザインの時代--河北 秀也
私の創作活動について--池辺 教
ライフスタイルをデザインする21岩橋 弘幸
美術史とは何か35金井 直
映画を通じて出会った人々31浜野 浩一



II
地球科学と社会の接点
  −−兵庫県南部地震後の調査を通して
19竹村 恵二
生物学の現在42上田 泰己
私の持論−心理学U47江崎 仁一



III
社会学の教室から23徳安 彰
地方分権論47伊藤 拓也
「受信型国家日本」という幻想36安部 圭介
裁判官について35今泉 裕登
刑事裁判と経済性32葉玉 匡美
情報化と外国語教育 2樋口 忠治
キレル少年たちの自立を阻むもの 6鳥越 俊太郎
教育について考えたこと48神保 一徳
夢想的現実を生きる高校生47蓮澤 優
少年よナイフを抱け45南野 真一郎
1998,現状の憂いとこれからへの提案49津田 史彦
TO GO ABROAD48後藤 大輔
脱妖怪社会48近藤 健司
四国の博物館から−いざなぎ流をめぐって−29梅野 光興



IV
オランダに勤務して25宮原 信孝
UNHCR職員として36川内 敏月
我、上海にて思ふこと35武藤 充朗
遥か遠いパリの空から34田中 昭彦
楽しい山村暮らし、楽しいむらおこし28沢畑 亨
自然誌博物館という職場25吹春 俊光
弁護士日記から33本村 健太郎
Yahoo!というロールモデル39孫 泰蔵
想像するということ31関本 善和
第28回附設高校男く祭おめでとう39脇 裕典
日曜日に思う32石原 信一郎
私の音楽人生27中島 隆
ほんの四半世紀41相部 任宏
大学時代の過ごし方についての極めて個人的な一考察35住友 一仁
ある日の会話47宮崎 秀幹
「節目」に思う46松木 祥介
「半分大人」の僕たちに48坂口 洸
邂逅、その歓喜と、そして別れ48本村 貴志
忘れられない体験47池ノ都 辰也
ある独り言47塙 晋
「ロンゴってなんだろう?」 - 私の論語論 -48松本 貴裕
訪問者48藤木 創


khaos』発刊によせて顧問大津留 敬
編集後記47岡本 耕




khaos」スタッフ

・編集委員
  堤  裕策   岡本  耕   笹尾 卓宏  
  蓮澤  優   石坂 広一   吉村 武紘  
  井上 和久   植谷  誠   森川  慶  

・制作協力  
  津田 史彦   脇元 隆次   野中 高浩  
  近藤  茂   江島  啓   井上 雅彦  
  田中 智章   大津 裕昭   表  和孝  
  宮田 大督  

・Special thanks  
  大津留 敬 先生     西原 和美 先生  
  柳瀬 健吾 先輩  





第28回男く祭記念文集
khaos

発行日:1998年4月29日(晴)
発行者:男く祭記念文集制作委員会
発行所:久留米大学附設高等学校
    〒839-0862 久留米市野中町20-2
    電話 0942-44-2222(代)

※許可なく,本誌を複写・複製することを禁じます。





本文の内容に於いての差別的表現、また、公序良俗に関する問題につきましては
編集者の常識の範囲で判断した上で、執筆者の意向を尊重し、
「全文掲載」を原則としました。
あらかじめご了承ください。

入り口に戻る
第28回男く祭ホームページに戻る

Copyright (c) 1998, 笹尾 卓宏, 男く祭文集制作委員会, All rights reserved.